So-net無料ブログ作成
検索選択
バリアフリー ブログトップ

心のバリアフリー [バリアフリー]

以前にもふれたことですが、
年々ハード的には、バリアフリーが進んでいます。
ですが、隅々にまでバリアフリー化など土台無理なことです。
ハードウェアも大事ですが、ソフトウェアも大事です。

まだ外国で、実際に体験してはいませんが、
困った人がいると、助けを求めなくても、手助けするのが自然のようです。
すぐれたハードウェアが無くても、マンパワーさえあればどんな困難も乗り越えられます。
それが、外国では自然なようです。

ひるがえって、日本ではハードウェアばかりが目に付き、
障害者と健常者を分けるようなことをしています。
インクルーシブという概念だけは広がりつつあるようですが、
実際は分けるだけで、統合する方向にはまだ行っていません。
これではわたしも経験したことですが、
ただかわいそうという思いだけで、手助けしたくても実際どう対処したらいいのか、
日頃から接していなければ、とっさの行動は出来ません。

そういう点から、日本という国は障害者に対して、けっしてやさしい国ではないのです。

地下鉄のバリアフリーについて考える [バリアフリー]

大江戸線

写真は、地下鉄大江戸線、青山一丁目駅ホームのものです。
さすがに大江戸線は新しい路線ですので、このようにホームにはゲートがあり、
写真ではわかりにくですが、そのゲートには車椅子のマークがあると思います。
この乗降口では、車椅子やベービーカーなどのための車両が着くようになっています。
ちなみにここは、エレベーター近くの乗降口です。
青山一丁目駅ホームしか確認していませんが、このへんの導線よく考えられています。

問題は、エレベーターを利用していて、よくやってしまうことなのですが、
まあエレベーターが、結構すみにあることが多いのは仕方がないと思っています。
よくおかす間違いとして、ホームと地上を結ぶエレベーターを乗り間違えた、
あるいはその他のエレベーターがわからなかった為に、
駅の改札で、乗りたい方向とは逆のホームにしか、行けないという目に遭うこと。

それで、仕方がないので、二人でかたやシンを抱っこして、かたや車椅子を抱えて、
階段をえっちらおっちら、上り下りするはめになることが、しょっちゅうあります。
そのたびに、なんでもっと合理的に出来ていないんだろうか?と考えてしまいます。
自分の足で動いていた頃は、考えもしなかったことです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog
バリアフリー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。